スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懺悔

こんばんは!栗原です。元気です。
テストもレポートも今日で全部終わったし、チョコレートが美味しいからです。
でも、そろそろテンション下がりそうです。チョコレートがなくなったからです。
もおやる気爆発だよ!少なくともさっきまでは爆発だったよ!
チョコレート食べ終わっちゃったよおー。泣くよ。

近況報告としては、先日歩いてたら鳥のフンが鼻先をかすめたこととかかな!
次の一歩を踏み出すのが0.5秒早かったら、顔か膝に当たっていたね☆
ホントに鼻先だったよ!
殺す!

栗原今までの人生で
直撃3回
(カラス・ヒヨドリ・スズメ)
間一髪4回
(カラス・カラス・カラス・?)(?は爆弾投下と同時に逃亡。確認できず)

人より多いのか少ないのかは分かりませんが、カラスに悪意を感じます。
狙ってやがる。
好きなのに、カラス!
奴等何食わぬ顔して、電線の上で獲物を待ち構えてやがるんです。
人間が通ると、投下するんです。
外れたら絶対「チッ」とか思ってるんです。あの黒鳥!!!

鳥絡みで思い出しましたが、以前ハトに大変申し訳ないことをしてしまいました。

二年くらい前のことだったでしょうか。
学校の池の周りで、栗原はハトにお菓子を投げていました。
まだ、自分は生き物が好きな人だと思い込んでいた頃の話です。
エサを必死でついばむハトたちの中に、一羽太ったハトがいました。
常に最前列でエサを貪り食っており、他の奴にはやらん、全て俺のもんだと全身で語っているような意地汚い奴でした。
しかも満腹になると、集まった中で一番痩せて小さなハトを、追い回して突付き回す。何故だろう、ハトって集まると必ずいるんですよね、こういう奴が。
あご(?)をぐっと引き、全身の羽を膨らませて、尾羽を広げて引きずりながら突進します。求愛行動なのかも知れません。でもいじめてるように見えます。
そのチビ、さっきから全然食えてないじゃないか。他のハトたちの後ろで、うろうろおどおどしてて、今は追い回されて逃げ惑っている。

「調子に乗んなよ、このデブ鳥」
まさか鳥類ともあろうものが、ヒト科の中でもかなり鈍い部類に入る栗原に素手で捕まるとは思わなかったんです。でも、掴んでしまいました。尻尾だけど。
「うおっ?掴んじゃった。待て待て暴れるな。しっかり胴体部分を掴んで誰かに見せに行こう」
そんな考えを起こしたのが、間違いでした。

バサバサバサバサバサ!!

逃げる鳥。飛び散る羽。そして栗原の手に残った、・・・・・・・・・・・・尻尾。

「うわああああああああああああああ!!?」

抜けた!ごっそり抜けたーー!!

あわわわわ。恐らくこれはトカゲの尻尾切りと同じ生き延びる為の手段であって元から抜け易いように
わかってます!そんなこと言い繕ったってこの手の中の羽が消えないことくらい!
私の悪行をなかったことには出来ないことくらい!!

我が罪を宿した羽。消えない・・・・・過ち。

かっこよく書くとこうなります。でも抜いといて失礼ですが、ハトですよハト。
絵的にあまり綺麗な色ではありません。誠意の感じられないことを言ってしまいました。ごめんなさい。
ついでに言っとくと栗原は時々潔癖症なので、鳥の羽毛なんて握っていると泣きそうです。自分で掴みかかっておいてこの言い草。
カモにも飛び掛ったことがありますが、あいつ外側の羽は固いくせに中はじめじめ熱持ってて気持ち悪かったなあ。今後カモを捕まえたい方は、心の準備をしてからどうぞ。ホントに熱いんですよ、羽の中。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。