スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白き貴婦人との出会い

こんにちは、栗原です。
ナンジャタウンへ行ってきました。
いえ、たまたま池袋を通る用事があって、たまたま無料チケット引換券を持っていて、たまたまお腹が空いていて餃子とかが食べたかっただけなんです。

ふらふらと入り口から吸い込まれて行くと、チーズケーキや餃子の広告が立ち並び、いやが上にもテンションが高まります。
もう心はよだれまみれ。胃の中もよだれまみれ。

栗原はドキドキしながら、餃子広告を見比べてどれを食べようかと物色します。
はあはあ…どの店もなんて魅力的な謳い文句なんだ…
心のよだれが止まらないぜ…

人気ランキングもチェックして、上位の店を確認!
よっし!行くぞ!!!







まあ一歩足を踏み入れた時点で店名とか吹飛びましたが。
いい匂いの餃子商店街を、ふらふらと何往復かさまよった末に
『餃子コンテスト金賞受賞!!』と掲げられた店に落ち着きました。


んも~これが美味いの

うんんんんんんんんんんんんんんんんまいの。


ジューシー。香ばしくてジューシー。
ぱくりと喰らいつくと、肉汁がボタボタ垂れてきちゃうの。
勿体無くて必死で餃子に付け直してしまうの。
服にちょっと垂れたりしたけど構わないの。
熱々なの。アツアツ。

餃子としてはやや小柄なの。
皮は薄くてモチモチなの。
ハフハフしながら食べてしまうの。

食べ終わって、もう一皿追加しようかと本気で考えたの。

でもこの後チーズケーキ食べるつもりだったから我慢したの。


一心不乱に食べていたのを見ていたのかどうか、店員さんにかなりいい笑顔で「ありがとうございました!」と言われてしまったの。


美味しかったぁ。今思い出しても幸せなひと時だった。また行きたい。



チーズケーキのためにおかわりを我慢した栗原ですが、気が付くと結構お腹が膨れていました。ちょっとチーズケーキは入らないかも。

でも食べずに帰るとかいう選択肢は断じてないので、デザート広場で暫し逡巡しました。

チーズケーキ…チーズケーキ…
ああ…惹かれる…心は惹かれている…

でも胃の容量が足りてない…

フロア内の店の前を、ふらふらと巡る栗原。
ケーキ…プリン… タルト…
どれも美味しそうだなあ…


頭の中を食べ物たちがぐるぐる回ります。
小さいケーキなら…
いやいやプリンも捨てがたい…
だがあの苺タルトの甘酸っぱそうな感じはどうだ…

ああ、苺タルト…
甘酸っぱいのか…どれだけお前は甘酸っぱいんだ…
なんてお前は赤いんだ…ああ苺…苺タルト…

だが待て。今は苺の季節ではない!
気を付けろ…フルーツは油断がならない。
あまり甘くなかったり、酸っぱいだけだったりしたらどうするんだ。
酸っぱさを我慢して掻き込むデザートなんて、私は望んでいないんだ!!!



そして栗原は、ついに一つの店の前で立ち止まりました。


クレープ屋です。



デザート広場の一番人気、「高原のクリームチーズと季節のフルーツ」のクレープです。


高原の…

レアチーズクリームなのです!!!!



レアチーズクリーム!!!



この魅力的な響きに、栗原の胸は如何ともしがたく高鳴りました。

チーズクリームだけでも素敵なのに、レアなのですよ、レア!!


レアチーズクリーム


なのですよ!!!!!!


くぅぅっ!!!!
あれだろ!?

あの白くて甘くてチーズのあのあのあれだほら



高原の白き貴婦人だろ!!!!??



しかも「季節の」フルーツですよ!!
今が旬のフルーツが乗っちゃうのですよ!!!

ねえどうなの!?これどうなのよ!!?




「こここ高原を!高原のクリームチーズと季節のフルーツを下さい!!!」


kihujin.png
白き貴婦人


うへうへしながら食べていたら服に若干ベタッとクリームチーズ様を落としましたが、そんなわけで栗原はこの日とても幸せでした。

おわり。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。